お料理

朝採れたての魚で、出来たてをお召し上がりください。

むろやでは、手の込んだ料理や懐石のような料理は出ません。朝採れた新鮮で活きのいい魚の素材そのままを味わって欲しいから、魚のジャマをするような調理法や味付けはしていません。これは創業以来変わることないむろやのポリシーです。見た目の派手さや見栄えは全然ありません。奥能登・珠洲の恵まれた海で育った、本物の魚自身の美味しさを堪能してください、味わってください、知ってください。

県内の皆さん、珠洲に穴場の食堂があります。気軽に何度も来てください。県外の皆さん、珠洲は遠いけど食べに来ていただければわかります。一度食べに来てください。
  • 朝食
  • 季節料理
  • 別注料理
  • 食堂 お食事処 むろや
  • 仕出し料理

季節の特別メニュー

七尾湾、富山湾の2つの海を持つ能登半島は、季節を問わず採れたての新鮮な魚介が楽しめます。

  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

鯛づくし

鯛づくし

鯛づくし

鯛づくし

準備中です
準備中です

能登水産カレンダー

むろやでは季節ごとに旬の魚介を期間限定の特別メニューとしてみなさまにお出しします。

カレンダー

別注料理

あんこう・あんこう吊るし切り

あんこうは「東のアンコウ 西のフグ」と並び称される冬を代表する味覚のひとつです。見た目グロテスクなあんこうは、その姿に似合わず味は淡白で、コラーゲンたっぷり、お肉は脂肪が少なく低カロリーなため、女性にも人気です。

あんこうは、肝が大きく育っている1~2月頃が最も美味しいと言われています。あんこう料理と言えば「あんこう鍋」、ポン酢で味わう「あん肝」、湯引きした皮やぬの、ヒレなどを酢味噌で味わう「供酢」などが有名です。むろやでは「から揚げ」でも楽しめます。

あんこう吊るし切り

あんこうと言えば吊るし切りという独特なさばき方でも知られています。使われるあんこうは10kg以上の大きなものも多く、身体が柔らかい上に表面がぬるぬるとしていてまな板の上ではさばきにくいため、吊るした状態でさばく「吊るし切り」が考え出されました。大きな鉤に口をひっかけ、エラとヒレを外してから口の周りに切れ込みを入れて皮をはがした後、内臓や身を外していく「吊るし切り」の様子は、冬の風物詩になっています。

能登丼

能登丼

輪島市・珠洲市・穴水町・能登町の4つの地域からなる奥能登。地域おこしの一環で出されているどんぶりが「能登丼」です。約50のお店で提供していて、「能登丼」の定義は、奥能登産のコシヒカリと奥能登産の水を使うこと。メイン食材には、他場で採れた旬の海鮮、能登で育った牛、能登野菜または能登独特の調理方法で作られた伝統保存食を使います。器や箸も珠洲焼や輪島塗など能登産を使用し、箸はお帰りの際にプレゼントしています。 奥能登の味覚が山盛りになった能登丼を是非、むろやでご賞味ください。

鯛の兜煮 / 焼き

鯛の兜煮 / 焼き

3~4月春に釣れる鯛。漁港で一本まるまる買い付け、その鯛の兜を豪快に塩焼き、または優しい味付けで煮つけます。希少な部位になりますので、仕入れ具合によってはご用意出来ない場合があります。予めご予約、お問い合わせいただきます様お願いいたします。

天然岩牡蠣丼

天然岩牡蠣丼

7~8月夏の人気メニュー。大きな珠洲産天然岩牡蠣を、甘辛の醤油出汁で味付けした贅沢な丼ぶりです。